睡眠>うつになると睡眠障害になる可能性が高い

「なんだか夜ぐっすり眠ることができなくなった」という場合には、
うつの可能性があります。
ストレスを感じていなくても、
疲労が蓄積されてくるとうつになる場合がありますから、
ハードな毎日を送っている人は気をつけるようにしましょう。

うつを完治することができれば、睡眠障害も治ります。
うつによる睡眠障害の場合は眠りが浅く、何度も目が覚め、
日中も眠くならないことが特徴です。
眠ることができないと心身ともに疲れが蓄積されて、
ますます不眠の状態が続くことになりますから、
病院で診察を受けるようおすすめします。

女性は、ストレスが自律神経やホルモンの異常を招き
不眠症のような睡眠障害になるのに対して、
男性は身体的な疲労が原因で不眠症になることが特徴です。
年齢とともに睡眠の質は変化しますが、活動時間が長く、
まだ働き盛りの40代、50代の人は、
夜ぐっすり眠れる工夫をするとともに、
睡眠障害の治療を開始することが大切です。

睡眠障害とも係りが深い、自立神経の関連をわかりやすく説明している
サイトをご紹介します。http://tomokou.com

睡眠

トップページ
気持ちのいい睡眠を得るために
睡眠不足による弊害にはどんなものがあるか
睡眠にまつわる病気はたくさんある
睡眠はホルモンと自律神経に影響する
睡眠には寝具が重要!寝具選びのポイント
睡眠のための準備 ベッド編
気持ちのいい睡眠のためにはいい香りを室内に
気持ち良く眠るための準備 照明にこだわろう
睡眠にはリラックスすることが大事
快適な睡眠を得るために身体を温めよう
ストレスと睡眠の関係
ダイエットをするためにも睡眠が大事
朝起きたら日光を浴びることのメリット
睡眠のタイプには種類がある
深夜の睡眠は美肌をつくる
睡眠が原因の病気、ベッドのスプリングが悪いと腰痛を引き起こす
睡眠で気をつけたい病気、骨粗しょう症
睡眠前のアルコールは依存症を招く
睡眠前の食事は絶対にしてはいけないか
夜の睡眠で脂肪の燃焼率を高めよう
睡眠には適度の疲労が必要
睡眠障害には種類がある
睡眠導入剤の種類とその持続時間
睡眠導入剤が効かなくなることの怖さ
睡眠と認知症の関係とは
有名な睡眠障害、ナルコレプシーとは
睡眠時無呼吸症候群とはどんな病気か
睡眠障害とその原因となる病気
睡眠時無呼吸症候群に見られるいびき
睡眠時無呼吸症候群を治すには
睡眠障害に効くおすすめのハーブ
睡眠障害、病気が原因なら早めに治療を受けよう
うつになると睡眠障害になる可能性が高い
睡眠障害と不安症の関係
睡眠障害が起きやすい性格の人
睡眠障害の治療法にはどのようなものがあるか
睡眠とカフェインの関係について
睡眠に効く半身浴のすすめ
快適な睡眠のための半身浴の正しい方法
睡眠障害におすすめ!半身浴が無理なときは足浴を
睡眠工夫、アロマオイルを使ってマッサージ!
睡眠の注意点、アロマを使用するときの注意を知っておこう
睡眠の注意点、睡眠と骨盤はとても深い関係がある
気持ち良く目覚めるためのポイント
睡眠と夢の関係
睡眠で健康を守るために、夢日記をつけておこう
不規則な生活の人のための睡眠方法
休日の睡眠時間は長いほうがいい?
睡眠時間と昼寝のコツを知っておこう
年齢に合った睡眠時間を確保しよう

その他

リンク募集中